2018年8月10日金曜日

★うみこら通信★綺麗な海で遊ぼう!魚を釣ろう!!夏休みの体験!壱岐に行こう~!!壱岐プロジェクト!

山王ひなた美術教室主催の『海から見つめる子どもランドスケープ「ふくおか」』プロジェクトは日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」サポートプログラムです。


画像に含まれている可能性があるもの:海、空、ビーチ、屋外、自然、水

 今日は「うみこらふくおか」第2弾!!の「壱岐プロジェクト」のご紹介です。「壱岐プロジェクト」は、8月18日(土)、19日(日)にかけて長崎県壱岐市芦辺町を舞台に、ふくおかの子ども達と保護者が、釣りや歴史や海のアクティビティをぎゅっと濃縮した1泊2日プログラムを体験します。

濃厚な夏の経験を基に、海をより身近に感じることが出来る新しい「ふくおか」の街を模型制作で表現します。

 宿泊するゲストハウス(人数が多い場合、他旅館との相宿になります)は何とも風情のある佇まいと、迎えてくれるご主人とおかみさんの愛想の良さったらありません!これから休暇は通うこと間違いなしです!


画像に含まれている可能性があるもの:家、空、屋外


 そして壱岐の素晴らしい海!玄界灘に浮かぶ島ならではの透明度を誇ります。みなさんこんなきれいな海を体験しませんか?お申し込みはまだ若干空きがございます。みんな壱岐の島に、海体験に集まりましょう!

★開催日 8月18日(土)・19日(日)1泊2日
★場所 長崎県壱岐市
★参加費 お一人 12,000円

【活動内容】一支国博物館見学とレクチャー・島で暮らす体験と海岸のアクテビティ・海岸清掃・島の暮らしから見えた、子どもランドスケープ「ふくおか」の制作

海から見つめる子どもランドスケープ「ふくおか」プロジェクト 
詳細・申し込みはこちら↓
http://www.sanno-hinata.com/umikora/

0 件のコメント:

コメントを投稿