2019年11月12日火曜日

★キッズアート!11月 銅板画を体験しよう!!秋の子ども版画クラス!一日目★

こんにちは!山王ひなた美術教室です。「アートを実感!体験!キッズアート」ワークショップ。11は版画のクラスが月3回で、一つの作品を仕上げます。版画の先生 加藤先生と一緒に、銅板画制作を行って行きます。

まずは、加藤先生から、銅板画の制作の流れや道具などの注意事項等のお話しがありました。ほとんどの子ども達が、銅板画は初めて!との事でしたので、今回はエッチング技法での制作です。エッチングとは、銅板の上にグランド(腐食膜)を引き、ニードルで彫って腐食させると、グランドの部分は腐食されません。彫った部分だけが腐食し、溝が出来るので、溝の部分にインクが入ります。凹版と呼ばれ、歴史的な技法です。今回は、自分のイニシャルの頭文字をデザインして行きま~す!



まずは、下描きを鉛筆で、紙に描いて行きましょう。イニシャルは良いとしてその周りを自由にアレンジ出来るので、どんなモチーフ入れるか迷うね~♪




下描きが終わると、グランドを引いてある銅板に下描きをプレスして行きます。この時は、プレス機の注意事項を加藤先生がお話ししてくれます。危険なので、正しく使いましょうね!子ども達は大きなハンドルに興味津々!回したいよね!先生と一緒に回して、プレスして行きましょう。



修平先生に下描き綺麗に写ったよ!と見せてくれています。お友達も嬉しそう!その後、加藤先生がお手本を見せてくれます。下描きがグランドの上の転写されたので、それを頼りに、ニードルで引っかいて行きます。



ニードルの作業に入ると子ども達も真剣そのもの!銅板画の面白さに引き込まれますね。子ども達が描いてくれた銅板画は、その後 加藤先生が腐食の行程を経て、次の週に戻ってきます。



キッズアートは、2年前から山王ひなた美術教室が行っています小学生を対象とした短期3回完結のワークショップです。5・6・9・11・12月と各日曜日(計3回連続)で、専門の先生をお呼びして、子供達に物を作る楽しさ!面白さを体験していただけるプログラムで
す。


興味がある分野の先生から教わる事が出来るので、またとない素敵な体験となる事だと思います。子供達が自分の手で作品を作る体験を通じて、美術って面白いな~!好きかも!そう感じて頂けると幸いと存じます。


0 件のコメント:

コメントを投稿