2014年8月6日水曜日

指で!描くフィンガーペイント&野外造形活動 大地の絵

こどもA 年少さんはフィンガーペイントです。
フィンガーペイントは、指に絵の具を付けて描きます。専用の絵の具は作る事も可能ですが、今回はオランダのSES社のフィンガーペイント用絵の具で制作致しました。

 絵の具を指に付けると、いいのかな?と言う顔をしながら、先生と紙に付けていきます。すると、紙の上で色を混ぜる事に夢中に!!笑。

この通りお手手は、絵の具だらけですが大丈夫!落ちやすい絵の具を使用しています。

勢いでいっぱい手に絵の具を付けます!なかなか、指で絵を描く事が無いので、子供達に大人気です!制作を終え、時間が余ったので、今日は粘土で色んな物を作って遊びました!

 続きまして、こどもBは野外造形活動です。「大地の絵」 先生と近くの公園に一緒に出掛けます。今雨が多い季節なので、丁度合間を縫って授業が出来ました。
 教室で描く絵と違って、際限なく、限りなく大きな絵を描くことが出来ます。描くのは木の枝でもよいですし、大きなグラウンドいっぱいに描きたいものを描きます。

 ここならどんなに大きく描いても怒られないでしょう(笑)雨上がりのグラウンドも程よく描きやすかったです。しかし湿度が…子供達は平気でしたが、先生からは滝の様に汗が…。

 ナスカの地上絵の様に。昔ウルトラセブンかウルトラマンに子供が描いた怪獣が実際に壁から生まれて暴れる回がありましたね。そんな感じが!

 最後は皆で絵を辿りながら教室へ帰ります。きっと今日の夜半の雨ですべて消えてなくなるのでしょう。ちょっとさびしい気もします。

 子供達の絵や美術に親しむ気持ちは移ろい易いものです。少しでも面白い授業や遊びを通じて楽しい時間、魅力ある時間を過ごしてもらうように努力したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿