2015年4月10日金曜日

初めての釘と金槌上手に使えるかな?

 木曜日の制作風景です。こどもAクラスは、今週の制作 「色んな素材でスタンプ!」&おもちゃ箱車の仕上げ制作です。今週、続々とおもちゃ箱車を完成させてお持ち帰りされています^^

引き続き、こどもBの制作 小学生・低学年クラスは「木工作!初めての釘と金槌 上手に使えるかな?」に挑戦です。釘と金槌 お家で見た事があっても、使った事がある生徒さんは、少ない様です。学校の図画工作でも、3.4年生から授業に登場して来ます。


まずは、怪我しない様に諸注意を良く聞いてから、制作して行きましょう。先生と一緒にくぎの打ち方・くぎの抜き方を練習して行きます。


初めての道具に苦戦しながらも、生徒さん達は、制作に夢中になって木材に釘を打って行きます。作品にペンで色を付けたりして、かっこいい飛行機になりそうですね!


女子は、やはり実用的な物が良いようで、小箱を作ろうと頑張っています。箱を作るには、まず立体的な構造を考えなければなりません。「箱に脚を付けるには、どこに釘を打っていく。。。?」と先生と話しながら、制作して行きます。作りながら、イメージを言葉にする事、イメージを実現するには。。。そう考えるだけでも、工作の練習になると思います。


カラフルな飛行機が完成致しました!釘打ちが上手に打てなくて、抜いたり打ったりの作業を繰り返し苦戦して、完成した作品です。大変、頑張りましたね!


こちらは、小箱を先生と一緒に作りました。どうしても、釘打ちが難しい場所は、木工ボンドを使いました。今回の制作は、作品を作りあげると言う事よりも、まずは釘と金槌の作業になれる演習と言う事の授業です。道具を安全に使う事を教室でも学び、更に作品の表現の幅を広げて行けるといいなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿