2017年10月16日月曜日

★H29年 ひなたキャンプ・秋版 in無人島田島 3日目日記★

ひなたキャンプ!3日目!!今日が最終日です。今日もみんな元気に早起きです!!さぁ、朝ご飯は、洋食です。ひなたドッグを予定しておりましたが、現地でホットドックパンが手に入らなかったので、食パンになりました。


みんな、あっと言う間に友達を作って、すっかり仲良しです。キッチンの周りには、子供達が集まってきます。笑い声が絶えません。


朝食が終わると、田島のスタッフ 片山さんから、「稲刈り体験」のお誘いを受けました。せっかく、田島に来られたので、「稲を刈ってみませんか?」と言って頂いたので、希望者のみ稲刈り体験を致しました。


田んぼに膝まで浸かり、稲を刈って行きます。初めての体験にワクワク!!慣れない作業に、田んぼに尻餅ちついたり、みんな泥だらけ!それも、良い経験だね。


刈り取った稲を稲架掛けに干していきます。こうやって、刈り取った稲を逆さに干す事によって、茎に残った水分をお米に落としていくそうです。風にさらし水分を時間をかけて抜いていく事により、より美味しいお米になるそう。


田んぼに足を入れて、ひんやりする泥の中に足を入れて、「もう、お米 残せないね。大事にせないかんね。」稲刈りをすると、大人も子供もそう感じました。


 農作業をしながら、歌が自然と出てくるようで。「ほら~♪足元を見てごらん。これが、あなたの歩む道~♪」と2年生が、稲を刈りながら歌っていました。笑。kiroroの未来へですね。懐かしいな。


 たわわになった稲の穂が、風に揺れています。稲刈り体験を通じて、お米を食べる事が出来るのは、農家の方々に大事にお米が育てられて、私たちの食卓に出てくるのだという事を感じる良い体験となりました。


 田島の生活は、電気もありません。水も井戸水をくみ上げて使用しています。日暮れは早く、夜になると本当に真っ暗です。昔の毎日の生活に触れ、日常の生活に慣れている私達には、衝撃でした。それと同時に、日常の生活の電気や水道の有難さを感じました。


その後、今回のキャンプの目的「自然とアート!」制作体験です。2泊3日の思い出を絵にかきましょう!しかも、今回 コンクールとさせて頂きます。作品提出後は、先生・スタッフの選考により、賞を準備しています。


制作内容テーマは、「今回、キャンプで心に残った風景」です。実際、風景を見て描くも良し!心に残った体験を絵で表現するも良し!です。


みんな真剣そのもの。自分が描きたいものを一生懸命描こう!今しか表現出来ない絵を楽しもう!!


描き方に悩んだり、戸惑ったら、先生に聞いてごらん。先生たちは、みんなが居る場所を回りながら、声掛けをします。そんなに難しく考えなくてもいいんだよ。絵を描く事を楽しんでね!


教室の生徒さん達は、日々の制作で修練を経験として積んでいます。その様子を見て、外部生は、少し 戸惑うのも無理もありません。でもね。絵は上手に描く事だけが、すべてではありません。特に、子供のうちなら尚更です。今、描ける絵で表現しよう!自信を持って!!自分を表現しよう!


お昼中に、厳選なる選考の結果をお伝えしました!第4回ひなたキャンプ・秋版 絵画コンクール 第1位「田島の入り江」を描いた4年生の絵となりました。浜辺から見た入江をよく描いています。見たものを上手に描きたいと思う気持ちがよく出ています。


第2位 「薪のある家」を描いたジュニアリーダーの絵となりました。みんなより少し年齢が大きいので、描写力は抜群にうまいです。第3位 「稲刈り」を描いた4年生の絵です。稲刈り体験をしてからの絵画制作だったので、より鮮明に生き生きと描けていました。


今回、賞を取れなかったお友達も大変頑張りました!!落ち込んだり、がっかりしたりしないで下さいね。教室でも色んなコンクールを行いますが、賞を取る事が 本来 目的ではありません。仲間と切磋琢磨する事や表現の仕方や画材の使い方を勉強する為に設けています。みんな、この短時間でよく頑張りました!!お疲れさまでした!!

キッチンスタッフから、頃合いを見測らって、キャンプ最後のおやつが配られました。「絵画制作頑張ったね!」のご褒美だそうです。


マシュマロを焼きました。ビスケットに挟んで、熱々のマシュマロサンドを食べました。マシュマロを子供達が焼いています。美味しいね!


制作が終わった子供達は、荷物の点検・忘れ物チェックをして、荷物を朝夕の家へ持ってきます。全員揃ったら、お昼は、田島弁当です。これが、キャンプでみんなで食べる最後のごはんとなります。みんなで、元気に「いただきま~す!!」


ご飯を食べて、落ち着いたら、いよいよ 田島を出発します。また、再び 荷物を小さな背にからって、子供達が2艘に船に乗り込みます。


帰りの船から、お世話になった田島スタッフのお兄さんに手を振りました。小さく見えなくなるまで、手を振ってくれていました。


帰りの船でさっきまで、元気にしていた子が、急に大人しくなりました。「大丈夫?」と声をかけると。。。なんと!爆睡。先生、びっくりしたよ!!気を張っていたのでしょうね。笑。だって、いっぱい遊んだもんね^^


帰りのバスに乗り込み、また行きと同じ時間をかけて帰ります。途中、トイレ休憩を1回挟みました。バスの中では、みんな帰る事へ安堵の気持ちからか、疲れが出たのか、眠りにつく子供達が多かったです。

親御さんと離れる心細さ。友達と初めての大冒険!ドキドキやワクワクがいっぱい詰まった2泊3日。自分と向き合い、自然を満喫できたでしょうか。


解散は、保護者の方がお迎えに来られた方から、解散させて頂きました。この度は、H29年度 ひなたキャンプ・秋版に参加頂きましたお友達・保護者様有難うございました。感謝の気持ちでいっぱいです!!


擦り傷・切り傷・小さな怪我はありましたが、無事に大切なお子様を保護者様の元ににお返し出来ました。講師陣&スタッフもほっと安堵しました。私達なりに、細心の注意を払い 指導にあたってまいりましたが、至らない点もたたあったと思います。今回の経験をもとに、反省や改良点などを、次のキャンプへ生かしてまいりたいと思います。ご協力頂きましたすべての方々に、心より感謝致します。有難うございました。

最後になりますが、ご協力頂きました田島スタッフの方々、山王ひなた美術教室 保護者代表として、ボランティアスタッフとして、キャンプに同行し、お手伝いをして頂きました 中村さんご夫婦、そして、お手伝いに来てくれた 若いスタッフ 和奏ちゃん、修平君 皆さまに心より感謝致します。


では、また 来年 ひなたキャンプでお会いしたいと思います。
キャンプに参加してくれた子供達にとって、一緒にすごした素敵な秋の思い出と感じて頂けたら、私達 山王ひなた美術教室 講師一同&ボランティアスタッフは、この上なく幸せと存じます。

山王ひなた美術教室  

0 件のコメント:

コメントを投稿