2014年11月25日火曜日

制作する喜び&体験レッスン

土曜日の制作風景です。こどもCクラス 体験のお友達も一緒にストリング・ビーコロ着彩を制作致しました。ひなた教室の子供達は、絵の具制作が大好きです。初めは手が汚れるのが苦手だった生徒さんも、日に日に制作を重ねて行く事によって、気にならなくなっていきます。一度、工程を一緒にすると、後は手順を理解しているので、各々 どんどん制作して行きました。


子供達同士でも、「ここ 面白いね~」「きれいだね~」とお声を掛け合っている姿は微笑ましいです。先生も絵の具を出しながら、混ぜながら 色や混色についてわかりやすい様にお話しています。

ビーコロ着彩の作品です。絵の具の付け具合やビー玉の数で大分 絵が変わって来ます。生徒さんそれぞれ色んな作品が今週 制作されました。なにより、ビー玉を箱の中に入れて、振る~!という動きが面白かった様で、楽しんで頂けた様です。今週のストリング・ビーコロ着彩はこれで終わりです。小学生も作品を見て「制作したい~」と言っていたので、また 時間がある時に制作したいと思います!

さて、こどもC 小学生クラスはヒンメリ&体験のお友達も入っての授業を行いました。ヒンメリ制作を楽しみにしていた小学生は、基本の形からチャレンジして行きます。


ヒンメリは、ストローに紐を通して結んでゆく作業を行ってゆくのですが、手先を充分に使う制作です。日頃、日常の中でも紐を結んだりする事もある訳ですが、みんな 最初は思う様に糸が結べなかったりと苦戦していました。今回 使用する糸が細い糸なので、結んだり、通したりが少し難しいかもしれません。でも、3歳の生徒さんから、11月のはじめ頃 制作を行ったのですが、集中して作業を行っていました。手先を使う作業は、集中力を養う事が出来ます。


こちらは、小学生の体験レッスンのご様子です。3つのモチーフから選択してデッサンを体験して頂きました。お友達は、「かぼちゃ」を選択致しました。かぼちゃのもつ 皮の質感・奥行・陰影を上手に捉え描写していました。鉛筆の持ち方も上手で、鉛筆を寝かせて描いたりして、鉛筆の色の濃淡など上手に出せています。描き始めると、楽しくなってきて最後まで完成させたくなります!90分という長めの授業ですが、お友達は楽しんでデッサンを制作されていました。

小学生クラスもデッサンから工作・共同制作と様々な制作を行って行きます。同じクラスの異年齢の生徒さん達と、学校や地域も違うけれど同じ「絵を描く事が好き!工作が好き!」なお友達と良い刺激を与え与えられつつ、楽しんで制作していただけたら、良いなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿