2014年11月27日木曜日

小さな手で。楽しむ制作。

水曜日の制作風景です。こどもAは、今週の制作 ふわかる粘土制作です。振替の生徒さんも入っての授業です。別の曜日の生徒さんとも振替などで、交流が持てるので楽しいですね!

さて、待ちに待った「ふわかる粘土制作」粘土の袋を破くなり~みんな 一斉に粘土を手でちぎりはじめます。何作る~?でまずお話しながら、作るモチーフを考えて行きましょう。


手触りが気持ちが良いので、手でこねたり、ちぎったり、くっつけてみたり。色んな形に変化させていきます。粘土制作の時は、みんな 夢中になっているので、集中しています。


 ツリー&ゆきだるま。色んな色のゆきだるまがあっていいよね~!とお話していました。


森のクリスマスパーティーです。ケーキを取り囲んで、ゆきだるまさん親子やうさぎの親子が仲良くパーティをしているご様子。ツリーにも沢山の色とりどりの飾りを付けています。


ゆきだるまさんのマフラーにたくさんボンボンを付けていました。ゆきだるまさん。これで、寒くないよね!

子供達、それぞれ 色んなイメージを粘土で作っていました。制作の中で、色んな色の粘土を一つにして、マーブル模様にしたり。それをヘラでケーキの様に切り分けてみたり。子供達は、素材のアイテムで色んな遊び方を上手に見つけています。その工程を何度も繰り返してみたりとするのですが、それが子供達にとって楽しい制作の形の一つだったりします。教室で様々な制作を体験しながら、色んな制作や表現の楽しさを素敵な体験として頂けたら良いなと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿