2015年3月6日金曜日

男子だってお雛様!?&小学生 絵の具レッスン

今週は朝晩冷えていますね。生徒さんも風邪を引かれている方が多いです。しっかり着込んで、手洗いうがいをして行きましょう^^さて、木曜日の制作風景です。今週 こどもAは、「お雛様のさげもん制作」です。男の子も制作して頂きます。


男の子は、青のさげもんです。モチーフは、男の子の好みそうなモチーフに変えています。ロケットや電車なども折り紙で作って行きましょう。


ロケット大好きな生徒さん。ロケット折り紙 喜んで頂けました。沢山、折り紙を折って完成させましょうね。


車も作ってみました。生徒さんに合わせてモチーフも入れ替えています。 どれも、簡単に折れるモチーフですので、是非 覚えて頂いて お家でも楽しんで頂けたらいいなと思います。


生徒さんのお母さんがリボンを折ってくれました。素敵な作品が仕上がりましたね。生徒さんも折り紙創作を楽しんでくれたようです。お家に飾って下さいね^^

さて、引き続きこどもBの制作です。水彩絵の具による筆の使い方や絵の具の溶き方のレッスンです。まだ、生徒さんは水彩絵の具に慣れていない為、絵の具を溶いて、画用紙のモチーフをはみ出さない様に上手に塗って行ましょう。


「絵の具初めてかも。。。」という生徒さんもいらっしゃいます。まずは、パレットのどこに絵の具を出すのか、そこからお話を進めて行きます。


絵の具を溶かずに、そのまま塗ろうとしたりします。まずは、絵の具をパレットに出したら、絵の具を拾いスペースに取り、筆に少し水を含ませ 絵の具を溶きましょう。筆に充分に絵の具を含ませてから、塗って行きます。


水彩絵の具で、マットな感じに塗って行くのは、大変難しいです。若干のムラは仕方が無いのですが、それよりも。。。絵の具がダイレクトに塗ってあるところと、水でべちゃべちゃなところがっ!(汗)


絵の具を使いこなすには、絵の具をある程度使いこまなければ、絵の具の濃淡や水の按配・筆の使い分け方などは身についてきません。夏休みのコンクールに向けて、この辺はしっかり使いこなせて行きたいところです。自分が思い描く様な絵を描ける様に、頑張って行きましょうね!

0 件のコメント:

コメントを投稿