2014年12月20日土曜日

夢中になれるということ。

金曜日の制作風景です。今週は、マスキングを使っての表現です。絵の具初めての生徒さん。ちょっぴり、ドキドキです。絵の具を出してあげると少しずつ絵の具を塗り始めます。


初めての絵の具のお友達には、筆・刷毛の持ち方を教えています。お箸や鉛筆の持ち方と繋がっているので、持ち方だけは正しく持てる様にしています。


お部屋に、はしごと椅子、机。そして、右下にツリーだそうです。子供達にとって自分のお部屋のイメージって、考えると楽しいですよね!


ツリーを表現してみました。もりもりとしたフォルムが木らしいですね。これから、色んな制作で色んなお道具を使いながら、使い方や表現の仕方などを体験して行きましょう!細やかな重ねる体験は、小さな生徒さん達の楽しい制作表現の力になって行くことと思います。

引き続きこどもBの授業風景です。こちらは小学生はパンのデッサン。幼保チームはマスキング表現です。テープを上手に自分のイメージする形へ貼り込んで行きます。


びっくりする位 黙々と集中して制作して行きます。すごいね!!面白い絵になりそうだね。


みんな、思い思いに絵の具を付け、画面に塗り込んで行きます。絵の具を混ぜるのは楽しいです!


 テープを貼る演習です。面白い作品に仕上がっています。様々な形が見え隠れしています。


ツリーです。自分なりに樹っぽく貼り込むのに頑張っていました。マスキングを剥いだ後の下地の白が映えています。素敵なツリーに完成しています。


幻想的な雪の結晶が出来上がりました。下地のドローイングも大変綺麗ですね。


テープを貼る演習です。絵の具の配色具合が良い感じです。四角を何個か画面に作ったり、テープを剥いでみたりと、考えながら制作しています。じっくり、制作出来るこの授業時間は子供達にとって素敵な時間です。美術に夢中になれるって素敵なことです!

今週も沢山様々な制作を行って行きました。今年もあと少しですね。来週も楽しい授業をしましょう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿